音楽、絵、ゲーム、全てのクリエイティブにダイブ
web note pixiv   
HOME |  MUSIC |  ILLUST |  GAME |

DMC4:ダンテ研究NEXT「ベース固めとハンターの高みへ」

Devil May Cry 4 技 ダンテ編next

前回の続き。

DMC4:ダンテ研究「技やスタイルなど使いこなしのために」 Devil May Cry 4 技 ダンテ編 前回はバージル編でしたっ。 https://shidores.com/vergil-syokyu/ (中、上級は記事の関連リンクより) 今回はダンテ編。3のダンテと違い、戦闘中にリアルタイムでスタイ… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

大まかなベースの戦い方と比較的すぐに扱えそうな技などについて触れました。

しかし それだけではダンテの1部しか扱えてないわけですね。

戦闘スピードはベースが安定してくると手癖的にどうにかなってきますが、決めたい技が決められないとか そういった問題が まだあるかと。今回はその話。

はじめに。確認。

コントローラー設定やベースとして考えてみた基本の話は上記 前回記事より。

ぜひ そちらの「はじめに…」からご確認を。

「もっさりプレイ卒業したい!」

4のダンテって3に比べ重々しいのもあり、プレイが どうにも鈍い感じになりがち。

「3のときにも思った」って人もいるかもしれませんが、だいたいはエネステでスピード感を獲得できていたはず。リベリオン以外の武器なら感じませんし。

ところが今回リベリオンより早い武器と言えばルシフェルのみ。ケルベロスやアグニ&ルドラのあった3のスピードと威力の押しきれる感じは期待できず…。

詩堂アタル

詩堂アタル

クセも強いため、メインとしてリベリオンしか残らないのが4のもっさりの正体。

使い分けの強要がダンテのハードルの高さとなってる感じ。

 

4のダンテの戦い方とは。

ダンテ操作で よりスピード感を獲得する方法は、思うに7点。

  • 初段エネステの駆使(閻魔刀連斬やリベリオン エリアル)
  • リベリオン初段と閻魔刀初段の交互攻撃(キャンセルと初段スピード)
  • スティンガーミリオンスタッブのキャンセル
  • 他キャンセル可能技の確認
  • 武器の使い分け(スピードのあるものの選択)
  • 打ち上げ効果のある技
  • スーパーアーマーを破れる技

初段活用とスティンガー接近のミリオンスタッブキャンセルという敵の捕まえ方は基本としてぜひ染みつかせておきたい点。前回触れた内容ですね。

今回は その先の4点について考えてみたい。

その上で必殺のリアルインパクトなどを決める隙を生み出せたなら、戦いはスタイリッシュかつド派手なものになるでしょう。難しい技等も研究していきます。

地上キャンセルテクを覚える。

キャンセルに使えるテク(隙が無いモノ)

  • ジャンプ
  • サイドロール
  • ギルガメス-ドロー
  • TS-ダッシュ、エアトリック
  • RG-ブロック
  • SM(リベリオン)-プロップ、ダンスマカブル(始動部 ダッシュと同)
  • DS-閻魔刀初段(次元斬もキャンセル可だが隙が大きい)
  • GS-グリーフ(隙は大きいがオーメンもアーギュメントキャンセル可)

(※特に使い勝手が良いのは太字に)

ギルガメスのドローは咄嗟に使うには他武器からだと武器チェンが必要なのが難しいところ。隙もある。それよりはスタイルチェンジが安定と思われる。

ジャンプやサイドロール、ダッシュ、エアトリック、プロップ、ダンスマカブル、グリーフ等は その後の処理次第で隙になることもある点に注意。

キャンセルの隙。

また、スティンガーやショットガンスティンガーもキャンセルには使えるが同様の理由と吹き飛ばしてしまう問題から除外している。

キャンセル可能技の確認。

キャンセルできる技(どのテクでもキャンセル可)

【リベリオン】

  • 初段
  • 2段
  • ダンスマカブル

【ギルガメス】…全体的に動きが重くキャンセルの効果が見辛い

たびたび失敗するので勧められるものではない感じ。

  • 初段
  • 2段
  • 3段
  • 他タメ中

【ルシフェル】

  • 初段2~4段…(ループ点が分からず。全て可。)
  • 派生4段目
  • 派生3段目B(後方投げ)

【エボニー&アイボリー】…硬直時間がそもそも短い

空中に打ち上げた敵をGSのトゥーサムで捉えた時に、RGブロックを挟んで敵の高度を調整するテクとかは良いなって思います。

【DS:閻魔刀】…もちろん閻魔刀自身の初段キャンセルは省く

  • 初段目
  • 2段目

キャンセルできる技(一部のテクでキャンセル可)

【リベリオン】

  • 派生2段(ジャンプ、サイド、TS、RGのみ有効)
  • 派生3段連突き(ドロー、SMの2点以外有効※)
  • ミリオンスタッブ(SM、DS以外有効でGSは派生3段みたく一応※)

※ガンスティンガーとスティンガーは連突きのラストの一突きのみをキャンセルできる。連突き自体はキャンセル不可。

【ルシフェル】

  • 派生3段目(ドロー、クライマックス、DS、GS以外有効)
  • 派生5段目(キャンセルではないがディシプリン、ボンテージのみ可)

【パンドラ】…変形中は銃タメ中同様と捉えて省く(第一のみ)

RGブロックのみ有効。

無難なテクと地上キャンセル繋ぎ向き武器

近接武器については共通してキャンセルできるのはコンボの締め以外のところだけの様子。ルシフェルは少々細かいですが基本初段と2段目が自由かと。

ルシフェルの例外を除けばTSとRGがやはり無難。性質的な点で言えば地上キャンセルはリベリオンに任せるのが無難な感じ。

近接武器ごとのスピードのある技

近接武器内で最も遅いのはギルガメス、最も早いのはたぶんルシフェル。

では、それぞれの武器ごとにスピードの速い技は?各武器一覧。

リベリオン

  • 初段
  • ミリオンスタッブ(スティンガーから)
  • プロップ(と、シュレッダーも)
  • ダンスマカブル
  • エリアルレイブ初段(空中技)

ギルガメス

  • キック13(ただし途中で止めることは一切不可能)
  • フルハウス
  • ストレイト(ドロー分が微妙なところ。回避と捉えれば有り。)

ルシフェル(この武器は反撃されやすいのでヒット&アウェイが大事)

  • 初段、間をおかず連続し続ける(ループさせる)
  • (ピンナップ…いっぺんに出せるという点で)

遠距離武器ごとのスピードのある技

武器ごとならハンドガン圧勝ですが、これも同じく武器ごとの早い技を。

エボニー&アイボリー

単に撃つだけでも速いですが、GSにするとさらに良くなります。

  • トゥーサムタイム(銃の有効範囲が直線上ではなく面になる感じ)
  • ハニカムファイア(正面の域に)
  • レインストーム(空中)

ただし威力については無くても良いレベル。タメる価値もなし。

ショットガン

  • 空中撃ち(地上より一発分多くなる)
  • バックスライド(連発には向かない)

これも威力は微妙な印象。タメの恩恵も無いも同然。メフィスト剥がすのには良い。でもパンドラ派の方も多そう。

パンドラ

この武器の弱点は何をするにも硬直が長い点。アーギュメントやオーメンとか、使う場面をよく考えないと滅多打ちにされてしまうので注意。

スピード的に良いと思えた技は一点のみ。

  • ジェラシー

グリーフも良いかなとは思ったんですが使用場面に限られそうかなと。

戦いを華やかに派手に演出するという点以外は使っても使わなくても良いくらいの微妙な性能という印象ですが、どうやら距離が遠いとダメージ量下がるんだとか。

とはいえ、近づいても大した威力じゃないのでアクセサリーみたいなもの。

タメの大したこと無さに関してはトリッシュと同じようにタメない仕様にしてしまえば良かったんじゃないだろうかと思ったほど。

打ち上げ効果のある早い技

リベリオン

  • プロップ

これひとつだけかなと。

プロップで上げて落ちてくる敵をさらにハイタイムとかすれば、トリックスターのエアトリックで追いかけずに飛び上がれるなと。

バージルのハイタイム(集中LvMAX)なら多段ヒットしてフロストも浮き上がらせることが可能なのですがダンテのはそうはいかない…。プロップが代わり。

出が早くスーパーアーマーを破れる技

リベリオン

  • プロップ(打ち上げ)
  • ミリオンスタッブ(体制崩し)

ダンテの場合は どうやら役割が細かく決まっているようで、敵によって使える技が限られる感じがありますね。キック13なども有りですが反撃の危険が…。

硬く怯まない敵を浮かせたい場合、隙が無くヒット数で押しきれる技はプロップのみ。崩すだけならミリオンスタッブでも可。併用するのがオススメ。(※)

空中戦に持ち込めさえすれば何でも出来そうですが、何にせよリベリオンは重要武器。他の武器を上手く使える隙を作るためにあるような感じ。

※スティンガー接近のミリオンスタッブからプロップにするには(SM切り替えで)スタイルアクションボタンを連打しとくと安定します。

ここまでのおさらい。

  • 無難なキャンセルテクはTS(※)とRG
  • たいていの敵を浮かせるプロップの活用
  • 初段目はどれも早いがバランス面とバラエティ面ではリベリオン

※DSが無い理由としては初段キャンセル地上コンボ時には心強いものの、回避に移れる面では強い。TSは個々の硬直は長いがRGやエアトリで補える。

なんだかんだリベリオンが中心に組まれてる感じなのが見えてきますね。

技の組み合わせ。戦いを有利に運ぶために。

ここまでの流れから、都合の良さそうなコンボ。難しい、複雑なことは出来ませんが、パッと見はスタイリッシュな感じ。

メインを地上として、エネステ挟めたら良いなくらいの。(ボクはエネステ苦手なのでそれを使わなくても済むコンボを選択してます)

ブロックキャンセルダッシュを除けば さほどスタイルチェンジすることもない。

スピードコンボ

  • リベリオン初段、DS閻魔刀初段、繰り返し
  • (エネステの場合はエリアルレイブか閻魔刀空中連斬の各初段連発)

敵が遠くにいるときの接近

  • TSダッシュRGブロックキャンセルTSダッシュ…繰り返し
  • スティンガー接近ミリオンスタッブのRGブロックキャンセル

or

敵がそう簡単に吹き飛ばない相手の場合は、TSエアトリやスカイスターで近づき、兜割りするか、フルハウスで敵に攻撃しつつ着地しキック13に繋げる※。

※スピードコンボのようなもの。ただし隙に注意。キック13は転んだ敵に当てるのが一番安全。この場合は怯んだ程度なので外すこともある。(妨害もある)

打ち上げ(エネステ目的に)

ポイントはプロップを当てることが重要ということ。

  • ミリオンスタッブ(連続突き)からのプロップ
  • スピードコンボからSMチェンジのプロップ…当てやすい
  • ハイタイム…反撃の恐れのない相手にはこれでも可
  • ルシフェルのエクスタシー…軽い敵相手に(スケアクロウなど)

打ち上げ(他の技を狙うために)

打ち上げ方は ほぼ同じなのでプラス分。

リアルインパクトやディバインドラゴン狙いのとき。(キック13でも可)

  • ギルガメス2段目まで入れてSMビーストアッパー…遅くはない程度
  • スピードコンボからSMビーストアッパー…少々忙しいので非推奨
  • ルシフェル派生連続刺しラストからビーストアッパー…忙しい
  • ミリオンスタッブからビーストアッパー…プロップの要領

あとは空中に上げた敵をエアトリで上から兜割りorショッキングという繋げ方。2連武器チェンが出来るなら空中でルシフェルを打ち込んでからでも有。

スタイルor武器チェンジのタイミング

キャラの行動モーション中に挟むと覚えておけば十分。コンボ中に忙しく切り替えるような場面も必ず目安としてるタイミングを作っておくものです。

それがまさに銃を撃ってる内に近接武器のチェンジとか、キャラのアクションに合わせた隙間に挟み込む感じ。

「今この場面ではL3方向キー触る必要ないな」ってときを冷静に知っておけたら すぐに十字キーに指を置いて そっちに操作を集中できます。

デビルハンターの高みへ。-高難易度テク-

ここから先はベースに対する飾りつけ。ベースをさらに固める話は前半。後半はよりスタイリッシュを目指して遊び技を身に付けていく感じ。

こんな内容

  • スカイスターを使うエネステ連斬
  • 高度調節テク
  • 慣性
  • ガードフライング

大まかにこんな具合。

スカイスターを使うエネステ連斬

そもそものエネステ連斬が できることが何より重要。(入力のテンポ感は同じ)

低空ジャンプ(※)にて、エネステ(ワンボタンで出来るDSか、リベリオンのSM)から始まり、スタイルアクションを発動させたらTSスカイスター。

スカイスター前はエネステせずに。(スカイスターは咄嗟に出せない技なのか、エネステ後だとダンテが飛んでしまう=高度が上がってしまう)

※スカイスターで敵にぶつかるくらいの低さがないと失敗しやすい。

スカイスター連斬のやり方、コツ

普通のエネステ連斬についてはリンク先の前回記事にて。

ここのテンポ感をそのままに、TSチェンジとスタイルアクション(スカイスター)単一押しを組み込んでいきます。以下、練習と最終的な目標。

練習に

  • SMエリアルエネステ連斬からDSエネステ連斬へと交互に切り替える

エネステ連斬のテンポ感を維持しながらスタイルチェンジが出来たら次。

  • エネステ連斬からTSチェンジ、エネステを止めてすぐにスカイスター

これもテンポ感を崩さないように注意しながら。

  • エネステ連斬からTSスカイスターの後に素早くSM or DSエネステ斬り

ボタンの押し方が細かく変わるわけですがテンポ感は同じ。

完成形

普通のエネステ連斬を「『ズル』”、”『ズル』”、”…」という流れと考え。

※「ズル(=入力)」「、(=間)」

  • 『ズル』”TS”『スカイスター』”SM or DS”『エネステ斬り(=ズル)へ戻す』

これをループさせるのがスカイスター連斬。

入力のテンポ感は普通のエネステと全く変わらないので じっくり入力したい。

成功させやすい場面

スケアクロウよりも小さく細い敵(メフィストとか)にはどうあっても無理かなと思いますが、当たり判定がスケアクロウ以上であれば だいたい成功します。

地上スレスレでするにはボタンの判定次第で だいぶ飛び過ぎてしまうんですよね。

簡単な方

  • ハイタイム飛びあがりでエネステ斬り
  • スカイスター連斬として繰り返す

スカイスターが敵を通過してしまわないようギリギリの高さにジャンプするのが難しいところ。この方法ならベストの高さに出来るので成功させやすいです。

メガスケアクロウ等(倒れてる状態)

  • エアトリック始まりで連斬を始める

エアトリ後すぐではなく、多少高度が落ちるくらいを見てから開始。

ベリアルなどの大きなボスに

  • 胴体辺り等に向けて行えば安定する

スカイスターで通り抜けてしまう心配(エネステ ミス)がないです。エキドナだと細いかもですが、たいていのボスに有効かと。

歪むことがあればエアトリで持ち直したり兜割りやショッキングで落としたりしてもあり。普通のエネステと合わせて使っていきたい。

高度調節テク

  • 空中ルシフェル(同じ高さならダンテが上へ。ただし落としやすい。)
  • 空中パンドラ(敵を空中に止めてダンテの高度を調整※)
  • 地上GSエボニー&アイボリーRG挟み(徐々に高度を落として次の技を狙う)

空中ルシフェルはエネステした時点でどうしても敵が落ちるのでエネステコンボには不向き。他の技にも繋げられないので敵が上にいるときが良い。

対してパンドラは余裕があるものの、ダンテが落ちてしまうので注意。高度調節以前に、高度なテクって感じです。

ハイタイムなどで打ち上げ飛びあがったらパンドラでダンテの高度だけ落としつつ、空中ルシフェルを入れれば一応エネステコンボにも繋げやすそうになる。

エボニー&アイボリーについては徐々に敵を落としてその後ミリオンスタッブ入れたりショットガンスティンガー入れたりするのに。もう一度打ち上げても良い。

エネステに使える敵の高度上げテク

空中で敵を打ちあげたいときに

  • ルシフェル「エクスタシー(薔薇投げ)」

空中ルシフェル直後には咄嗟に出てくれないので注意。上手くエネステが出来れば出ることもあるが外しやすい。(敵が既に落ちている)

上記 高度調節テクと繋げるときはパンドラ側と繋げた方が良い。プラスしてTSエアトリで追いかけて間を空けないようにエネステコンボ。DSが早い。(SMも可)

ハイタイムで打ち上げた程度では、パンドラ「ジェラシー」、空中ルシフェル、パンドラ「ジェラシー」という風にはできない(高度が足りない)

空中ルシフェルをエネステコンボに組み込むには

何と言っても敵を選ぶこと。すぐ落ちるような重い敵や滞空してられない敵には全く向かないので、大丈夫な敵を選ぶのが吉。

無難なのは以下の敵。

  • メフィストorファウスト(最も無難。反撃に要注意。)
  • ビアンコorアルト(アルトが特に無難でビアンコは落ちやすい)

このあたりになら、そもそもが飛べる敵たちなので、空中ルシフェルをコンボに入れても失敗しないかと。

慣性について

慣性の何とかっていうのあるじゃないですか、ようは勢いが乗ったままになるというか。その効果が かかる技、かける技等があるようです。

以下、分かった範囲で。

慣性をかける技

  • スカイスター
  • エアトリック
  • フルハウス

慣性が かかる技

  • ブロック
  • エリアルレイブ
  • ジェラシー
  • レインストーム
  • ファイアワークス

止める技

  • 空中閻魔刀

コンボ動画では下がりながらジェラシーを撃っていくときとか、敵を放物線を描くようにして超えていくレインストームとかで見かけるかと。

閻魔刀は慣性の効果を切ることが出来る様子。

もうひとつよく見かけるテクがありまして、それが次。

ガードフライングと呼ばれる技

これも慣性を利用した技。

コンボ動画で必ずと言って良いほど見かけるため、ある意味デビルメイクライ4のダンテにおいて代名詞的になってるんじゃないかと思うほど。

以下やり方やコツ。

ガドフラのやり方。練習等。

他の技もそうですが、一応素振り練習可能なので、それで慣れていきましょう。

素振り練習でなら、案外 簡単です。

素振りの場合

  • スーパーダンテ使用(魔人化してから行うため)
  • スタイルはRG
  • ジャンプしてフルハウス
  • そのままキック13へ(魔人状態のため飛びあがる)
  • ブロック
  • ダンテ「(ブロックのポーズのまま)ヒューン…」

敵に使う場合

ガドフラは使う余裕があるほど敵が浮いてくれてるとかでないと そもそも始めることすら困難な技ですが、以下はBP1~3階のスケアクロウでも可能な方法。

  • スタイルはRG
  • ハイタイム飛びあがり
  • 武器チェン「ギルガメス」
  • フルハウス
  • エネステ、直後ブロック(「エネステブロック」と呼ぶとする)
  • ダンテ「(ブロックポーズのまま)ヒューン…」

ちなみに、エネステ連斬の入力の要領でブロック後のダンテ「ヒューン」と、エアハイクブロック(※)によっても方向転換することが可能。

主に ここまでがコンボ動画などで よくみるやつですね。

まずは素振りを中心にガードフライングの感覚を掴み、敵との実戦時にはヒューンまでをやって練習していけば、後はエネステ精度次第。

※エアハイクブロック(エネステブロックの入力と同じ)

ガドフラの練習に良い敵

【通常敵】

メフィスト、ファウスト(常に浮いてるため)

特にファウストはBP14階に1体だけで出てくれるので練習しやすいかと。

【ボス】

ベリアル(体が大きく、エネステ判定も拾いやすい)

BP20かM16ラスト(イージーでもOK)にて練習可能。

どちらも とりあえず「ヒューン」までを目標に安定して出せるように練習。

スタイルチェンジ練習のコツ(ボスか浮いてる敵向け)

エネステコンボにて挟むことの多いテクですので、同時に3~4のスタイルを扱うことになります。切り替えのタイミングを作ることで対策可能。

  • エネステ連斬中、現在のスタイルを確認する(以下2点)
  • 1.スカイスター連斬のときはSMスタイルを押してみる(DSかSMになる)
  • 2.単にエネステ連斬(DSかSM時)をしてる場合はそのまま
  • TSに切り替えてエアトリック
  • この切り替えの間、前後どこかで武器チェン
  • エアトリック後にRGへ チェンジ(※)
  • フルハウスを入れてエネミーステップ
  • 直後に合わせてブロック(エネステ連斬の要領で入力)
  • ガードフライング成功

ポイントはエアトリックで武器チェンとスタイルチェンジの時間を作るところ。

※フルハウスに入るよりも前に変えておく。

最終目標「コンボ動画とかで見かけるガドフラ」

エアトリックすると敵の頭上に行ってしまい、フルハウスを当てられない状況のときに使える難しく忙しい普通のガードフライングを習得するための練習。

  • エネステ連斬から、フルハウスを確実に当てることが出来るかを練習
  • そのフルハウス後にエネミーステップを確実にできるか練習
  • エネステ後スタイルアクションへいけるか(つまりエネステ連斬の要領)
  • 武器チェンとスタイルチェンジ同時押しの練習(両チェンジ)
  • エネステ連斬から両チェンジが出来るか練習
  • 両チェンジからフルハウスまでの流れも練習
  • 全部「エネステ連斬、両チェンジ、フルハウス、エネステブロック」
  • ガドフラになる

同時押し(両チェンジ)がポイント。

フルハウスのヒットまでの間で落ち着ける冷静さも必要。

武器チェンしてからフルハウスに合わせてRGチェンジで出来る方もおられるかもしれませんが いっぺんにやるのも有りかなと。

スカイスターからも可能

スカイスター連斬の要領です。これも良く見ると多く見かけますね。

  • TSスタイル、スカイスター
  • RGチェンジ
  • エネステ連斬のズラし押しの方法でエネステブロック
  • ガドフラに

もしスカイスター連斬を習得できていたら、すぐに慣れることが出来るかと。

「タ(スカイスター)ラ(RG)ズ(エネステ)ラ(ブロック)」という流れ。

スタイルチェンジからエネステブロックが忙しいかと…。スカイスターからのエネステを確実に成功させなくてはならないので そこも大変。

エネステコンボに組み込む場合

エネステのコツについては前回記事(リンク先)にて。

平たく言うと、ゆっくり「どぅるん、どぅるん…」と押すのがコツ。

この落ち着いた操作が無くては成り立たないので、このコンボのベースにあたるエネステ連斬をまず固めることから。この隙間に組み込むので。

上記リンク先「エネステコンボ例」を参考に

スカイスター連斬の要領と全く同じと言えます。スカイスターから次のスタイルにチェンジするのがRGになっただけで あとの入力は全て同じ。

以下、普通のエネステ連斬の「ズル、ズル、」に対して。

  • エネステ連斬の「ズル」から続けて
  • “、(間)”をTSチェンジに
  • “ズル”をスカイスターに
  • 次の”、”をRGチェンジに
  • エネステ入力の要領でエネステブロック
  • ガドフラになる(方向キー操作で好きな方向へ)

意外に入力の余裕があるので、そこが掴めると早いかと。

以上。ダンテ技研究。

何だかんだで書いてしまいました。ホントは前回ダンテ記事に都度書き足していこうくらいに思ってたのですが、長くなりそうだったので。

案の定 長くなってしまいましたし。(笑)

4のデビルメイクライは正直難しすぎて「なんだよコレ」ってなってたのですが、バージルが便利で性能的に良い感じで強くなってたので、それがモチベでした。

その流れでダンテもブログを通して ここまで使えるようになってきたのが嬉しいところ。ようやく楽しくなってきました。

買ってからバージルばかりでしたから。(笑) 次はダンテの敵編、あるいは他キャラの技研究ですかね。そういえば5でもSEはでるのかなぁ…。今から気になるところ。

それでは また。

 

「PLAY」の関連記事

最新情報をお届けします