音楽、絵、ゲーム、全てのクリエイティブにダイブ
web note pixiv   
HOME |  MUSIC |  ILLUST |  GAME |

歌声は息から!もう喉を痛めない『発声の基本』

もう喉を痛めない!練習不要!発声の基本のき!

「カラオケ好きなんだけど毎回喉を痛めてしまう…」発声の勉強をしてみても「いつまで経っても喉を痛めずには歌えない…」そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

ボイトレとはややこしく、考えることが多すぎです。

  • 腹式呼吸
  • 喉の開き
  • 鼻腔共鳴
  • 声のキレ
  • 腹圧
  • 丹田

「もっとこう…ひとつに まとめられないのだろうか?」そう思って、自分の体で試し、実験の末 本当にまとめたのが今回の記事!

「共鳴の仕方ってコレであってるの?」「腹式って苦しくない?」「喉を開くなんてどうするの?」等々…個人差はあるでしょうが それらの疑問が この記事で晴れますように。

発声についての勘違い。

歌い方等発声についての情報は 記事なり動画なり専門の教室なりで得られるところですが

  • 「それでも全く改善されない…」
  • 「理屈は分かるし発声だけなら出来る?けど、カラオケだとダメになる…」

などなど あると思います。

たとえば今こんな感じだったりしませんか?

  • 腹式呼吸の動きを意識し、使える息量(肺活量)を上げようとしてる
  • 口腔、鼻腔、頭など、音域ごとに共鳴域を意識して発声しようとしてる
  • 喉を開こうと意識してる。
詩堂アタル

詩堂アタル

一見すると一般的なボイトレのお話って感じで、特に問題はなさそうです。

 

しかし、実際に歌うと「全く逆の効果になっている」と…。それは果たして何故なのか。訓練量と年数が足りないから?

もしかすると その原因、「意識しすぎ」にあるのかもしれません。

世のボイストレーニング論については正しいとしておきつつ「何故そんな情報を得ながら発声が身に付かないのか」という視点で書き進めていきます。

講師等の出来る人と学ぶ側のイメージのズレによって起きる勘違いの解消とボイトレに関する知識と意味が繋がるきっかけになれましたら幸いです。

0.ダメな発声の状態。

歌っていると だいたい こんな感じがするはず。

  • a.喉の中で蓋がしまってく(舌の付け根辺りの喉が上がってくる)ような
  • b.歌ってると喉に引っかかりを感じる(咳のようにだんだん痛くなる)
  • c.長いフレーズを歌い切れない(息が続かない)
  • d.声の響きが口先に偏って集まってる(鼻に偏ると鼻声に)
詩堂アタル

詩堂アタル

a、bについては音程が上がっていくときに起きやすいかと。

 

1.腹式呼吸は何のために?

発声に腹式呼吸は不要だの必要だのと、なんだか界隈で ややこしく騒がれることもありますが、そもそも腹式呼吸とは何のためにするのでしょう?

多くのボイトレや その類の情報ではこんなふうに言われてるかと。

  • 肺に入れる空気量を増やし長いフレーズを歌い切れるようにする
  • 同じく量を増やし、共鳴腔(鼻腔とか)を鳴らすために利用

つまり「発声のために利用する吐く息の量を増やすため」って感じですね。

詩堂アタル

詩堂アタル

スーハ―スーハ―と腹部を動かして訓練したりしますね。

 

しかし これ、苦しくないですか?”慣れてないから”では誤魔化せないくらい。

アクションが大きすぎる問題。

たとえば、

  • フレーズごとに吐ききれ
  • 絞った腹を緩めて一気に吸え

とかありますけど、実際に習う通りにしてみると、どうしたってアクションが大きすぎて無駄があり、不要な体力を使ってる感じがあります。

詩堂アタル

詩堂アタル

むしろ変なクセが付きそうで、ホントにそんなスーハ―するの?ってなった思い出…。

 

「プロの歌手の腹ってそんな動いてるかなぁ」と考えてみると、少なくとも表からは分からないので尚更 思います。

「ボイトレで見るスーハ―は表面の筋肉だけ動かしてて、呼吸とはなんら関係のない動きを付け足してしまってるのではないか」と。

腹式呼吸?の問題。ざっくりと。
  • 不要な動きを足されてる感じ(腹の「膨らませ~凹ませ」の大小に関わらず)
  • 無駄な体力の消耗
  • 呼吸と発声が追いつかなくなる
  • 正直 息がしづらくなって苦しい
  • 喉がしまる
詩堂アタル

詩堂アタル

慣れの問題というには怪しいレベル…。

 

2.鼻腔共鳴は “しよう”として行うものか。

鼻腔共鳴というのは、音程を(喉上げさせずに)コントロールするための発声法の内、ミドル音域で使われるものとして語られてるやつですね。

この他には頭腔を鳴らすヘッドボイスなどがありますが、そもそも音程によって共鳴箇所が変わるということは つまり「共鳴は切り替えるもの」ということ。

どうでしょう?歌ってるとき。切り替えられてます?

詩堂アタル

詩堂アタル

歌詞もメロディもリズムもある歌の最中にそんなこと気にして歌えません。

 

先に答えに触れますと、この出し方は “部分的に” 間違い。切り替えようとか、そもそも鳴らそうとして鳴らすのが不自然を呼ぶ。

3.喉を開こうと考える必要はない。

経験あるかと思いますが、閉まりそうだからといって喉を開こうとしても、それが力みになり かえって閉まっていってしまうもの。

「力んで固まってる」ってとこですね。つまり自分で閉めてるようなもの。

「喉がそもそも緊張しない形で、開こうとも考えない」というやり方が必要…。

「ホントの発声」について。

ダメな発声の状態というのをあらってみると「“意識”していったらダメになっていく」ということが分かってきました。

意識による偏りが他をおろそかにするどころか、必要のない力加減を呼んでしまう感じ。

詩堂アタル

詩堂アタル

自らマイナスに走ってた的な。

 

とすれば「意識をひとつにまとめて、それだけで他が勝手にそう機能する」ということが出来れば、解決ですね。

意識すべきは「息量」

実感として、これが全ての答えと捉えています。共鳴に喉の開き、リラックス、全てを同時に実現するには この息量が重要。(※)

たとえばカラオケで何か歌ってみたとき、口先に声の響きが集まってる感じがしませんか?声が“出てる”という感覚、ありませんか?

その場合は息量が過剰と言えるでしょう。声にするにはオーバーな息量を扱っていたせいで、喉やアゴや胸などが力み、発声がダメになってたわけです。

詩堂アタル

詩堂アタル

ようは「息量が多すぎる」ただそれだけの話。

 

実験.「高い裏声を息量多く出そうとしてみる」

裏声は楽に出せますか?ネズミの国の某キャラみたいな声。

出せるものとして進めますと、この裏声に息量を強くして高い裏声を出そうとしてみてください。恐らく苦しいはずです。出せないはず。

逆に息量を少なくしていってみてください。キチンと出せるようになってくるかと。

息量加減の目安。

適量の目安としては「喉の中で息を感じないレベル」。空気の流れと言いますか、息の吸い吐きに喉を使わせない的な。

スーハ―としてみてもらえば分かる通り、けっこうこの呼吸時に喉って動いてるんですよね。吸ったら喉が開き、吐いたら締まる感じ。

まさに発声に影響してる最大のポイントと言えるのではないでしょうか。

喉の中で息を感じないレベルとは?

ようは「落ち着いた呼吸が大事」みたいなそういうの。

肺だか横隔膜だかの収縮によって、それらの最小限の動きだけで空気が出ては戻ってくる…波のような呼吸が理想的。おそらくこれがホントの腹式呼吸

喉呼吸とも言えるような「息をするたびに喉が動く」そんな無駄をこれによって省ければ、発声時の締まり(主に高音程時)問題は無くなるというわけです。

「息ムラ」が無いように

下の音程、上の音程、早いフレーズ、ゆっくりなフレーズ、歌中 常に一定の息量でなくてはならないわけです。

たとえば あるフレーズ中に、高音の段階になると、下の音程のときよりも一気にボリュームが上がったりしてませんか?失敗原因の中で最も大きい原因。

対策は呼吸が乱れないようにすること。長いフレーズにも慌てないように。決して喉呼吸が戻ってこないように。それだけ。

簡単に息量を整えるためのコツ。

姿勢やアゴを引くとか口を開けるとか言いますが、最も手っ取り早いのがあります。

「声を引く※」というものです。

※かっこいい声、シャキッとした隊員的ボイスしようとモノマネ?的なことしたことがある人は感覚が掴みやすいはず。

自分の背後に向けて声を引くイメージ。

ちょうど吸う時の喉が後ろに引いてる感じ

このときって喉が開いてるんですよね。この吸気時の喉の形を利用します。※

声を引く効果

  • 呼気時の「喉が前に出る、上がる感じ」(つまり緊張)が抜ける
  • 声を喉の奥の空間内で響かせ鳴らすことができるようになる

頭を引いて姿勢を真っすぐにするのも良いですが、声を引くことで解決するかと。高音含め、声を出すことが全体的に楽になります。

※必要ない確認かと思いますが、吸って声を出すのではなく、そのときの喉の形を使うだけ。「動いたか動いてないか」くらいに軽く引くのがポイント。

動くほどの力を使わせてしまうと本末転倒。意味がないことに注意。

意識しなくて良いけど確認のために

以下は意識して行おうとする必要は上記によってなくなるわけですが、「これらで感覚の確認が出来るよ」的な意味で。

共鳴についての話。

共鳴イメージ。

鼻腔共鳴とか何とかありますが、とりあえず呼吸を守ればだいたい済むところ。気になる場合は以下の様に、”こうなってるか” 確認してみましょう。

ようは「声の位置が下がってるか(声を引けてるか)」というもの。どこまで下げるかというと、それは共鳴腔のひとつ。口の奥の喉の空間「咽頭腔」らへん。

ここが響いて反響し、他の共鳴腔をその時 歌ってる音域ごとに鳴らしていきます。(音域が上がるごとに反響で鳴る腔が増える感じ。ヘッド域まで来ると全部に。)

※ちなみに意識する必要はありません。全て呼吸さえ気を付けていれば勝手になることなので、ここは あくまで確認の話

音域で言うとhiA~hiBあたりなら余裕が出てくる感じかと。

最大では今のところhiC#(弾き語りならhiDまで試して、単体で出すだけならhiGで最大はhihiBまで)くらい。呼吸および「引く」が乱れるとmid2Eも難しくなるかと。

発声を安定させるために必要な他のこと

  • 発音

「息量」以外で人により生まれる喉締まりの課題は、この1点かと。

どうにも上手くいかないときはここを疑ってみましょう。

(もっとも重要なのは呼吸である点に変わり無し)

プラス、姿勢の話についてもオマケ的に触れてみます。そんなに深い話でもなく、ただの「コツを掴むための立ち方」的な。

子音と母音を分ける発音に

口先(歯、唇、舌先)で子音を作るようにします。

舌奥で作りがちな日本語的?(かは知らないけど)な発音だと 舌の盛り上がりのせいで口腔が狭まり母音がつぶれ、余計な力もはたらくため、発声が乱れます。

例.舌奥で作りがちな音(行)

  • 「か、が、きゃ」
  • 「さ」

例.息量が乱れがちになる音(行)

  • 「は、ひゃ」
  • 「わ」

改善のために。例。

詩堂アタル

詩堂アタル

(言葉にして解説するのは難しい分野なので、聞き流しならぬ見流し程度に…。)

 

歯で作る

『さ行』

歯の隙間風?(という たとえで良いのか不安どころですが声ではなく)で「ス」音を作り、その音の後に母音を足すイメージ。

極端に言うと「suあ」「suい」みたいな。

唇で作る

『ま行』唇を閉じて開くという動きで「m」として母音に繋げられる。

『わ行』わ は唇のすぼめて開く動きで。ん は閉じて鳴らす。

舌先で作る

『か行』

歯を閉じて「ク(k)」を鳴らす。(強いと舌が上がってしまうので注意)

『は行』の場合

呼気による「fu」と言いますか「fなのかhなのか」の息音を使う感じ。

共通してそうなところとしては、「口を余計に開けないこと」かと。(子音の話)

母音を鳴らすには口を開ける必要がありますが、子音は開けてしまうと舌奥しか使えなくなるので喉締め一直線です。

だったら(歯or唇を)閉じた方が 口先の上と下の距離が近くなって、最小限の動きで鳴らせるようになるというもの。無駄がなくなります。

詩堂アタル

詩堂アタル

子音は最小限の口先の動きで、母音は奥を開けて、みたいな。

 

あとは「声にしようとしない」とか。子音は声じゃなく音として鳴らす感じ。

たとえるなら舌打ち音は「チッ」って声にして言ってるわけではないですよね。舌で鳴らされた音であり声ではないと。

詩堂アタル

詩堂アタル

子音は音で、母音だけが声という感じ。

 

コツは「口先は閉じて、でも奥は開ける(ゆるめて脱力 落とす)」かと。あと、伸ばす音(つまり声)は常に母音(a i u e o)であることを意識するとか。分離。

例.「ま」

NG「まー」…mーとaーって くっついてしまってる感じ。舌奥が上がる。

OK「m・あー」mの音の後に「aー」と声を出す感じ。口腔が広く保たれる。

声がよりハッキリと。姿勢の話。

丹田が…とか腹圧が…とかの話に触れたことはありますか?「下腹を踏ん張れ!」的な声をハッキリさせるための。流れ的にもちろんですがコレも意識不要。

「必要な分の力は勝手に入る」という姿勢を利用しましょう。「骨盤を立てる」ってやつです。自然と下腹が張る状態になり体が安定するとのこと。

詩堂アタル

詩堂アタル

肩幅くらいに立ち、つま先を外側に向けてみると感覚が掴める。

 

最重要。声はキレよく発すること。

姿勢だけでは声はハッキリしません。

「はーーー」とスパッと出せてるか、

あー」と迷って出してるような感じとでは結果が違います。

詩堂アタル

詩堂アタル

必ず「はーーー」の方で出すように。パッと出さないと圧が かかりません。

 
確認の仕方として。

気合一発的に。「ハッ!!」と短く発してみるのが良いかなと思います。

そのキレを忘れないよう、同じ感覚で歌う。それだけ。

※「音量が大きい」から「良い声」ではない。

音量が大きいから小さい声より良い声 というわけではないというのは前提。

「良い声」に音量は関係ない。と、自分は考えています。大きい声を望んで出そうとしたところで息押し(力押し)な悪い喉声になるだけ。

小手先で作ろうとしないで体の仕組みを使って発揮する」が大事。

発声はリラックスから

迷いがあると発声は結局 乱れます。緊張だの歌詞やメロディが不安とか。緊張については不安を拭い去る他ないので優先としては歌詞やメロディを覚えること。

※以下、「カラオケで歌えるようになりたい」な程度として歌詞やリズム等については省いておりますが、それらについても同じ。

音程の迷いを無くしておく

発声の集中を乱す迷いを払拭するには、単に「覚える」それだけ。

頭にある音のイメージを声として再現しているのが歌だとすると、つまり「覚えているメロディだから迷いなく出せる」ということにもなります。

詩堂アタル

詩堂アタル

練習よりはむしろ、先に覚えることの方が重要。

 

ちなみに音程を安定して出すためにも発声の安定は最重要。

一番優先すべきかと思います。発声が安定しないうちは音程を同時に練習しようとする必要はないかなと。変なクセ(悪い発声)が抜けなくなります。

「ながら」は曖昧の元

歌いながら、リズムを取りながら、などの「ながら」では絶対に曖昧になるとボクは考えています。歌だけ覚えれば良いってわけではないんですね。

詩堂アタル

詩堂アタル

「ながら」は「それ(歌だけor詞だけorリズムだけetc…)にしか集中できてない」ってことでもあったり。

他を聞けてないという意味で非推奨。

 

何も動かず目を瞑り、ただ黙って曲を聴くことに集中してみる時間を作ることをオススメします。耳のみに感覚を限ることで鮮明に入ってきます。

※音程を気にせず、曖昧でも関係なく堂々と発声できる場合は、それでも有りです。カラオケで遊ぶためだけなら楽しければそれで十分!

特にヒトカラなら一目を気にしなくていい!

まとめ。息量と発声

  • 息量は最小限に。喉が動かない 落ち着いた呼吸を。
  • 声は後ろに引いて出すイメージ。
詩堂アタル

詩堂アタル

顔の力全部ダラーッとするくらいのところからコツを掴んでくのが良いかと。

 

静かで穏やかで喉を使わない、落ち着いた呼吸をキープするのは、始めのうちこそ難しいかもしれませんが、どうすれば発声できるかが分かるだけで違うかと。

自分が向かっていく方向が定まるわけですからね。乱れても戻ってきやすい!

注意点は「低い声から高い声まで音量差が出ないように」

これまでより もうちょっと、カラオケで楽しく歌えるようになれるかと。

以上っ。

こんな記事もあります

ロックに歌いたい!歪を生む声の出し方の全て。 ロックに歌おう!-装飾ノイズ- 基本の発声については こちらの記事にて。 https://shidores.com/uta-hassei/ この発声で触れてる内容の基本発声で、ある程度の高音域までスッキリ出せるようになったか… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

喉の補助に

歌に良いと思う食べ物 飲み物、悪いと思うもの 独断と偏見で選ぶ個人的な選択ですが、なんか記事にしてみようと思いまして。 カラオケなり何なり、歌前に…あるいは休憩時に挟んで食べるor飲む としたいもの、よろしく… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

「歌」の関連記事

最新情報をお届けします