音楽、絵、ゲーム、全てのクリエイティブにダイブ
web note pixiv   
HOME |  MUSIC |  ILLUST |  GAME |

ロックに歌いたい!歪を生む声の出し方の全て。

ロックに歌おう!-装飾ノイズ-

基本の発声については こちらの記事にて。

歌声は息から!もうカラオケで喉を痛めない『発声の基本』 もう喉を痛めない!練習不要!発声の基本のき! 「カラオケ好きなんだけど毎回喉を痛めてしまう…」発声の勉強をしてみても「いつまで経っても喉を痛めずには歌えない…」そんな悩みをお持ちではないでしょうか。 ボイト… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

この発声で触れてる内容の基本発声で、ある程度の高音域までスッキリ出せるようになったかと思います。

しかし歌(曲)と自身の声質によっては、声が細くて曲に埋もれてしまうということもあるかもしれません。

詩堂アタル

詩堂アタル

主に “裏声っぽく聞こえるようになってしまう” 的な。

 

今回はそういうときの対策。細い声を強くする…もっと言えば、「ロックに歌う※」そのために役立つかもしれないお話。

以下より。わりと いつものことですがボクの造語が頻出します。(笑)

※デス系はロックに含まず書いてます。

記事中、「強ノイズ(唸り系)」の延長上にはあるかと。

はじめに。前提の確認。

  • 基本発声が出来ること。
  • 元の声の性質以上のことは出来ない。

この2点となります。

今回のお話は「元の声に対する装飾の話」

たとえば、一般に言うところのミックスボイスにあたる声が裏声っぽくて弱々しく、いわゆるクリーンもクリーンな声でロックな曲調内では埋もれやすい場合。

有名なロック歌手みたく、「あれくらいロックに歌い上げたいな」と思うところでしょうが、元の声の性質以上のことは出来ないので そこが注意点。

詩堂アタル

詩堂アタル

ガラガラ声ではない声でガラガラ声を出すことは不可能ということ。ハスキーなども然り。

 

あくまで、元の声に対する装飾をして「聞き手の印象を変える」その一点のみ。

大きく(クリーンからガラガラ声など)は変化できないけど、元を活かしながらロック曲に対応する策ならあるという話。

※要注意!「真似から入る…」は無意味。

「好きな歌手の歌い方のマネをして…うんぬん」です。

歌に関して言えば何の効果も意味もないので要注意です。それで上手くいくなら誰もが一流プロシンガーです。

プロ顔負けの正確な発声ができる天性の勘とやらがあると自負されるなら問題なし!真似を参考として消化できるでしょう。違うなら下手まっしぐら。

真似できるということは理解できる、してるということ

歌や発声について よく理解していて、出し方を知ってる人じゃなければ、喉を壊さない 正しい”慎重な真似”をすることは出来ません。当然 参考にもならない。

何も分からないまま真似て上手くいく人は まず いないでしょう。例として、カラオケで好きな歌手のマネして歌う人とか。(点数ではなく苦しそうという点で)

memo

好きな歌手の歌い方を真似たり参考に出来るのは まず発声を理解してから。

だいたいパッと声を聴くだけでどう発声してるか理解できるくらい。

発声に組み込む「装飾ノイズ」

エッジボイスとかボイトレ関係の話や本などで聞いたり見たりしたことがあるかもしれません。ここではコレらのことを装飾ノイズと呼んでまとめてみました。

ざっと二種類の装飾ノイズがあります。

  • 弱ノイズ…声の前に鳴らして使う。主にエッジボイス。
  • 強ノイズ…声に混ぜて使える。

弱ノイズ(エッジボイス)

弱めの薄いノイズです。

主に声帯閉鎖が どうのの話で聞くエッジボイスのことをさすとします。声を出す前にノイズを鳴らして使うのが主。平井堅さんみたいなイメージ。

ちなみに なぜ “弱” なのかと言いますと「単純に小さいノイズ音」ですので。

低域用と高域用のエッジと派生エッジ。

下の音域(低域とする)で使うものと上の音域(高域とする)で使うものの2つに分けられる感じ。派生は上から下まで対応した ちょっと異なるエッジ。

  • 低音用…喉エッジ(よくボイトレ話とかで聞く方。)
  • 高音用…鼻エッジ(鼻をつまんでからだと出しやすい。)
  • 派生エッジ…出し方と性質が通常と違い、声に混ぜて使える

ロックに向いてるのは間違いなく派生エッジ。仕組み的には喉エッジと同じですがバラード向きな声前にノイズを発する使い方ではなく、混ぜられるので。

喉エッジについて

息を吐いてる状態から、その出したままの状態で ゆっくり喉(気管)を締めていくと、「あ゛あ゛あ゛」みたいな音が出てきます。

横向きに控えめに開いて、アゴを引くと、喉を閉める力を入れるのが最小限(ほとんど入れてないくらいの)に出来ます。

memo

閉め方を力で作るのではなく、動きでそういう状態に持っていくのは これ以降の全てのノイズ発声に使える基礎にもなります。

鼻エッジの出し方

喉のエッジに対して こちらは高音に使う「鼻エッジ」

出し方は、鼻の方で鳴る感じ。鼻をつまんで「ん゛ー」でコツを掴める。

歌中に唸りを入れるような感じで使える。(喉エッジも同じく)

派生エッジの出し方

比較的 閉めるように出すエッジボイスとは若干 異なる出し方。この出し方で声を鳴らしてる間、うっすらと声に小さな歪が付加される感じ。

詩堂アタル

詩堂アタル

共鳴(反響も含む)と圧の強化が主な効果。

 

特殊な発声…というわけでもなく、基本発声の延長上にあるような声の出し方

ハッキリ出さない ぼんやりな緩め方で、基本発声の喉の奥まで声を引く出し方の、さらに奥(気管内、喉頭)に落としてく(声を閉じ込める)感じ

誤嚥反射から応用した声

気管に誤って飲み物や食べ物が入って むせた(咳き込んだ)経験はありませんか?その際、きっと誰もが一瞬息を止めて “一気に”強い咳を出す」ものかと。

これが いわゆる誤嚥反射。息を止めるようにして気管を閉め、強い圧をかけて一気に弾き飛ばすというもの。

よくエッジボイスは声帯閉鎖がどうのの話で出てきますが、実は気管を閉じてるだけだったり。仮声帯発声と言われるものも実はここ。喉頭蓋の音。

詩堂アタル

詩堂アタル

声の圧も、ノイズも、圧で強化された共鳴も全て喉頭蓋にて。

力は不要。かすかに鳴れば良いくらいの加減をイメージ。

 

強ノイズ(2種類)

こちらは強めに声を変化させる種類のノイズ発声。(疑似的にガラガラさせたり)

声に大きな変化を与える これら強ノイズは、息を多量に使うため長くは続かない。もっておよそ3秒前後。瞬間的ノイズ発声とも言えるかなと。

強ノイズには2種類あります。

  • ガラガラいびき系
  • 唸り、がなり系ディストーション声

ガラガラいびき系

うがい声だったり、いびき声だったり。そういうイメージの音です。

軟口蓋から口蓋垂あたりが「rrr…」いう感じ。主にa音が鳴らしやすい。

詩堂アタル

詩堂アタル

ブルースリーの「あ゛あ゛ぁ゛ー!!!!(気合)」みたいなのが出来る感じ。

 

このノイズ発声は、通常の基本発声が軟口蓋を広げる「声を引く」で出すのに対し、その軟口蓋部分を下げて出すというもの。

使用息量が多く、a音以外の母音では厳しいところから使用場面は限られる。

基本と、高低 各2パターンの鳴らし方について。

エッジのときみたく、これにも高低それぞれに対応した出し方があります。

いびきの「がぁ~ご…」から入ると掴みやすいかもしれないです。口の奥だけを閉じてるような、そういう閉め方。

軟口蓋だけではダメで、舌も奥に引いて口奥を閉じさせるのが重要。「か゛ぁ゛ー」などで感覚が掴めるはず。

高低対応

  • 低音域向け…基本のまま。
  • 高音域向け…舌を少しだけ上げつつ奥へ引く。主に歌で使える方。

実際に使う場面としては高域でのシャウト声(母音a)として使えるかなと。

唸り、がなり系ディストーション声

咳声とも言いますか、唸るような声で大きく歪をかけるノイズ発声。

強ノイズ内でもっとも息量を多く使う負担の大きいテクで、特に音域が高いと さらに増える感じ。歪み方は いわゆるデスボイス系。

ロックに歌うならデスほどにせず加減して歪ませて使いたい。主にがなり程度に。

2パターンのディストーション声。
  • 低域用…喉頭蓋で鳴らす。咳声から出せる。
  • 中域用…軟口蓋で鳴らす。鼻に向けて唸りを入れる感じ。

高域には向かず裏返るだけな発声ですが、シャウトほどの勢いでなら高域にも使える。それ以下の帯域にはフレーズ中に挟む “がなり” として使用。

ロックに歌うために。どう歌うか。

以上がノイズ発声一覧でした。ここからは それらをどう使うかという話。

以下、ボク個人の使い方イメージ。

「クリーンゆえにロックな曲調では声が細く、たとえば高音声などは ただの裏声に聞こえる感じになる」的なのを想定。

共鳴強化と音圧と微歪。

派生エッジを使います。微ノイズ効果だけでなく、圧による共鳴の強化がポイント。

「共鳴(鼻腔等)を息量で強めて発声すると声がビリビリする」的なボイトレ話を聞いたことがあるかもしれません。これを息でなく、派生エッジの圧で出します

圧の高まった強い声が起こした共鳴(反響)が、鼻エッジを生む仕組み。

memo

「声を引いて喉エッジ」「共鳴によって鼻エッジ」という二つのエッジのミックスボイスならぬミックスノイズとも言える状態かと。

ちなみにこの発声、強ノイズの鼻側唸りの形も取ってる(軟口蓋が下りている)という面もあり、そのまま がなりやシャウト等にも柔軟に対応可能。

強ノイズの使用場面とタイミング。

主に強ノイズらについては瞬間使用として、シャウトやらアクセント的な がなり等として使うのが主かと。

詩堂アタル

詩堂アタル

声を歪ませる変化のために息量を多く使うので長くは持たないんですよね。時間にして3秒くらい。

 

唸り、がなり系ディストーション声は比較的 使いやすい発声。ガラガラ声については母音aくらいにしか使えないので。

それぞれについては以下より。

唸り系の使いどころ。

「がなり」ですね。変化が大きいゆえ息が持つ3秒内程度で使いたい。一瞬のアクセント的な利用で十分ロックな印象は出せます。

唸り発声は、いわゆる基本発声としてる「声を引く(※)」の “吸う喉の形” を取ってない口先発声のときの「吐く喉」を使うので使用音域は中域まで。

高域で使うときはシャウトのa音で使うのが良い。(uやoは向かない) 逆に低域に使ってそこから音程を上にスライドさせるときに切り替えるとかも有り。

ガラガラシャウト。

a音の裏声を使ってガラガラ(うがいっぽいの)言わせるテク的な。

これはシャウト専用かと。eとuとoでは作れない音なので。

3秒内でありa音であることに当てはまる場合に使える感じ。

偏らせ方で変わる「発声のバランス」

基本は響きの中心を喉(咽頭腔)に捉えて、そこを鳴らして後を反響で作る感じですが、そのバランスをあえて偏らせるのもスタイルとして有りかと。

鼻だの頬あたりだの、響きを寄らせたりして声色を操作して曲調ごとに分ける等。

苦しいときの裏技?的 高音発声。

強ノイズの類は全て先ほども触れた「吐く喉」の形を使うわけですが、その都合上 高音発声に対応できなくなってしまうんですよね。

そういった「前に声を出すパワー系発声」時の、特にフレーズが長く音域も高くなっていく流れの時には息が もたなくなってしまいます。そんな時の裏技。

対策。発声中に「鼻吸いで声を下げる」

  • 発声中に鼻で息を一瞬だけ吸う。
  • 強引に吸う喉の形を作る。(声を引ける)
  • その瞬間だけ声が地声から裏返る感じに。(※)

発声中に声を前から後ろにカツーンと投げる感じで切り替えるイメージ。

地声から裏声にパパっと切り替えられるとコツが掴めるかと。

(※例.B’zとかラルクとかLOUDNESSとか)

ロック声は作れない。

酒でうがいしたとか、とにかく大声で叫んだとかそういうロック系シンガーの話もあるとは言いますが、結局は元々の声質次第。

それにノイズ発声があるからってクリーンな声の人はロックな声だったりハスキーなのだったりは出せません。

詩堂アタル

詩堂アタル

そういうのはどうしようもないところ…。

 

強ノイズも鼻吸いを使えば長く使えはしますが、変化が極端すぎるので無し。

あくまで元の声を活かしてアクセント、装飾的に声をロックに飾るイメージ。

クリーンでも対応できるロックな歌いこなし方的な。

まとめ。

  • 弱ノイズと強ノイズという歪を使いわける
  • 派生エッジをロック声の基礎として組み立てる
  • 強ノイズらはアクセント的に、主にa音あたりで使用
  • 元の声質以上のことは出来ない

元の声がどうにもロックじゃないクリーン系なら、共鳴と圧と わずかな ほんのり歪をのせる派生エッジがオススメ。元の声がロックでもオススメ。

これでカラオケがもうちょっと楽しくなるかもしれないっ。

以上です。

こんな記事もあります

歌声は息から!もうカラオケで喉を痛めない『発声の基本』 もう喉を痛めない!練習不要!発声の基本のき! 「カラオケ好きなんだけど毎回喉を痛めてしまう…」発声の勉強をしてみても「いつまで経っても喉を痛めずには歌えない…」そんな悩みをお持ちではないでしょうか。 ボイト… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

喉の補助に

歌に良いと思う食べ物 飲み物、悪いと思うもの 独断と偏見で選ぶ個人的な選択ですが、なんか記事にしてみようと思いまして。 カラオケなり何なり、歌前に…あるいは休憩時に挟んで食べるor飲む としたいもの、よろしく… 続きを見る re-z load しどれスタジオ

「歌」の関連記事

最新情報をお届けします